ノラン ナラン_コリア

君と私で日本人が少ないところへ行きたい!韓国在住者ノランがお届けする韓国生活情報。

【釜山 南浦洞】釜山名物!グロテスクな珍グルメ コムジャンオを食べよう!

f:id:nolang:20200623181844j:image

 

◆コムジャンオとは?

f:id:nolang:20200623174932j:plain

日本ではヌタウナギと呼ばれるニョロニョロの魚です。
生態は知らないほうが身のためです。
ざっくりいうと大きな魚に寄生する深海のおさかな。

韓国では全国的に食べられていて、滋養強壮にもよいとされています。
見た目はちょっと気持ち悪いです。

全国的には焼肉のように網焼きにして、みそと一緒にサンチュでくるんで食べます。

◆釜山式コムジャンオ

全国で食べられているコムジャンオ。
釜山ではヤンニョムと一緒に炒めたコムジャンオをよく目にします。
たっぷりの玉ねぎとネギなどと甘辛いソースで炒めたものです。
コリコリとした食感と、ホットなソースが食欲をそそります。

南浦洞・チャガルチ市場とコムジャンオ通り

f:id:nolang:20200623174914j:plain

釜山の1~2位を争う観光地南浦洞(ナムポドン)は釜山の南に位置している港町です。南浦洞といえばBIFF広場(釜山国際映画祭広場)や、龍頭山公園(釜山タワー)が有名です。

チャガルチ市場は国内外から観光客が訪れる、釜山でも必見の水産市場です。
市場にあるメインの大きな建物の1階では新鮮な海産物が販売されていて、施設内の食堂でさばきたてを食べることができます。

チャガルチ市場のメインビルの向かい側にコムジャンオの店が軒を連ねています。
歴史あるお店も多く、観光客だけでなく釜山の人々にも愛されています。
このコムジャンオ通りではさばきたて新鮮なコムジャンオを楽しむことができます。

◆お店紹介 ジェイルマシッヌンチプ ジェイルサンコムジャンオ

f:id:nolang:20200623174910j:plain

お店の名前はその名も「一番おいしい店 一番サンコムジャンオ」。
店名からその自信をうかがえます。
南浦駅2番出口から歩いておよそ5分の、コムジャンオ通りに位置しています。

店の入り口にはコムジャンオの水槽があります。

・メニュー

f:id:nolang:20200623174925j:plain

メインのサンコムジャンオ(=コムジャンオ)は食べ方を選ぶことができます。
網焼き・塩焼き・ヤンニョムがあります。われわれはヤンニョムをチョイス!

f:id:nolang:20200623174928j:plain

サンコムジャンオ 小 40,000ウォン

グロテスクなのが苦手な方は要注意。
ぶつ切りにした新鮮なコムジャンオは炒めている間クネクネと動きます。
ちょっと気持ち悪いですが…それだけ新鮮ということですね。

たっぷりの玉ねぎとソースとともにサンチュにくるんでいただきます。
※激アツ注意※
コリコリとした食感とたんぱくなコムジャンオの味が、スパイシーで濃厚なヤンニョムとあいまって最高です♡

 

f:id:nolang:20200623174906j:plain

ポックンパプ 1人前 1000ウォン
ポックンパプとはチャーハンのこと。
コムジャンオのエキスが染み出たヤンニョムを使ってポックンパプを作ってもらいます。おばちゃんの軽快な手さばきであっという間に完成♡
ヤンニョムソースのおいしいどり!〆にはやっぱりごはんです。

 

f:id:nolang:20200623174902j:plain

焼きえび 小 20,000ウォン

サイドで頼んだエビ。
正直期待はしていませんでしたが…濃厚なエビの味!
シンプルに焼いただけですが、エビそのものがおいしかったです。

・お店の情報 

★ネイバーマップはこちら★

ジェイルマシッヌンチプ ジェイルサンコムジャンオ
제일 맛있는 집 제일 산곰장어

 住所 :釜山市チュン区チャガルチヘアンノ65/부산 중구 자갈치해안로 65
営業時間:10:00~24:00

◆おまけ「곰장어?꼼장어?」

 

f:id:nolang:20200623174932j:plain

コムジャンオには곰장어と꼼장어の2つの綴りがあります。
どちらも同じコムジャンオのことを差しています。

もともとの表記は꼼장어だったそうですが
発音に合わせて곰장어という綴りが標準とされたそうです。
簡単に言うと곰장어は辞書に載っている標準語、꼼장어は辞書にない俗語表現だとか。


動くコムジャンオが気になる方はこちらをご覧ください。


釜山名物グルメ!グロいけどおいしいコムジャンオ

  

 釜山のグルメが気になる方はこちらもぜひご覧ください♡

nolang.hatenablog.jp